2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.04.20 (Wed)

光降るなら

20110420_03.jpg

ひとりでも そっと 笑って


【More・・・】


20110420_00.jpg

先日初めてIKEAに行ったのですが、そこで手頃な価格で売っていたデスクスタンドライトが気になり、興味本位で購入してみました。
ワークランプ』という商品名だそうです、ストレートすぎて何のヒネリもない。
特徴としては『光源がLEDでアームは変幻自在、あと安い』といった、ありふれたものですが。

20110420_06.jpg

部屋の証明をすべて落とし、ワークランプだけで明かりを確保してみての撮影。
輝いてますね、十分なくらい。

20110420_07.jpg

グッと近づけると、さらに明るい。
ここまで明るいと、現像での画質調整もすごく楽。

20110420_08.jpg

撮影風景。
これ1本で部屋の照明にもなるくらい明るいので、近づけると眩しすぎるくらい。
しかもLEDのくせに何故か暖色系の発色なので、色合いも個人的には使いやすい色。
それでいて長時間点灯しても火傷するほど熱くはならないので、1,490円という事を考えたら破格とすら思えます。
すごいぞIKEA!
馬鹿みたいに安いホットドッグは、また食べに行こう。

20110420_03.jpg

さて本題。
ドールへ光を当ててみます。
直接顔に当ててしまうと影が濃くなってしまうので、うまいこと調整しなくてはなりません。
光の当て方については、今回初めて真面目に考えたくらいなので、ここらへんはまた勉強をしなくてはならなそう。

20110420_01.jpg

失敗すると、ギアスが発動します。
話の内容はまったく知りませんが、彼女の言いなりになれるのなら喜んで。

20110420_02.jpg

ちょっとワークランプの配置を変えるだけで、ちゃんとした写真に。
比較のため、あえて現像での露光調整はしてません。
ちょっと暗すぎた気もしますが…。
レフ板を持ってないので、導入すればさらにいい写真が撮れる…はず。

今回感じたのは、瞳に対して光を入れるだけでずいぶんいい印象に仕上げられる、という事。
今までは補光補正で無理矢理誤魔化していた部分もあったのですが、
過度に補正を入れると薄っぺらい写真に仕上がってるなと思っていたので、玉砕覚悟で買ってみてよかったです。
性能的には申し分ないので、もう1個くらい買ってきてもいいとすら思ってます。
ホットドッグ安いですし。
光源については、要勉強。

20110420_05.jpg

おまけ。
ホテルの雨戸を開けてみたら、素敵な感じの自然光だったので。
鏡にこうやって写すだけで、なんだかとってもグラビアチック。
スポンサーサイト

テーマ : ドール - ジャンル : 趣味・実用

21:33  |  ささめきごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://noirouge1794.blog111.fc2.com/tb.php/29-df7eced3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。